×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

移動平均線の本当の実力は?

Why?移動平均線

昨今のFXに関する情報などでは移動平均線は軽視される傾向に感じます。
テクニカルの書籍などではすばやく移動平均線を解説して、その後に続くオシレーターなどを利用したトレード解説のほうが人気のようです。

移動平均の見直し

 

しかし実際のオシレーターは移動平均線の計算を元にしている事を考えますと、結局のところ移動平均線を掘り下げたほうが近道に感じます。
本当は実際にどこまで移動平均線はつかえるのか徹底レビューしていきます。

 

 

 

仕組みについて

 

まずは下の写真をご覧ください。
ちなみに赤い線は5日線、青は10日線です。

 

FX 移動平均線の評価レビュー

 

上記写真の移動平均線の赤い5日線で説明します。
現在の移動平均線(写真の黄色○)は過去の終値合計(@+A+B+C+D)を平均した(÷5)ものです。
※写真のチャートは2013年の11月21日〜27日の日足を計算したものです。

 

一定期間の終値平均を表す移動平均線は、上記のように超短期の線以外に短期、中期、長期の線などもよく使われています。
実践では複数期間の移動平均線を表示させて分析するのが一般的です。
それでは実際の分析方法を見ていきます。

 

分析方法 ---その1---

傾きにより状態を判断する ---平行状態はレンジ、傾き有りはトレンド---

 

    FX 移動平均線の評価レビュー         FX 移動平均線の評価レビュー

 

はじめのうちからオシレーターなどに慣れてしまうと、レートの動きよりオシレーターの動きを重視していきがちですが、特に短期トレードを目指している方はレートと交わる移動平均線などで判断になれたほうが良いです。
傾きに関してはぱっと見てわかる程度の傾きを重視して、緩やかな傾きの時は絡みつくレンジになりがちですのでその際はきっぱり無視しましょう。

 

ぱっと見てトレードに適した状態なのかを判断するのに向いている分析方法です。

 

分析方法 ---その2---

複数線の位置関係による判断 ---短期、中期、長期の状態を見る---

 

FX 移動平均線の評価レビュー FX 移動平均線の評価レビュー

 

一般に移動平均線は複数の線を用いるのが常識ですが、短期と中期の2本で使用したり短期、中期、長期の3本や、さらに多くの線を分析に入れるのを好む方もいます。
チャートを何枚も分析するのを好む方もいればシンプルを好む方もいるので、ご自身が好むスタイルを模索してみましょう。

 

トレンドの信頼性を判断するのに最適です。

分析方法 ---その3---

ろうそく足と線の位置関係による判断 ---基準や抵抗としての視点---

 

FX 移動平均線の評価レビュー FX 移動平均線の評価レビュー

 

実際のトレードにおいてトレンド中にどこで利食いをすればよいのかわからない方は、移動平均線を割れるまでを基準にポジションを持つのは有効な方法です。
押し目や戻りのタイミングに移動平均線を使う方法はわかりやすいので是非ともマスターしておきましょう。

 

利食いや逆張り、押し目狙いなどさまざまに活用できます。

実践テクニック  ---その1---

 

移動平均線クロス ---短期線が長期線を上に抜けるとゴールデンクロス、下に抜けるとデッドクロス---

 

FX 移動平均線の評価レビュー     FX 移動平均線の評価レビュー

 

短期線が中期や長期線を上に抜けたら買いサイン、下に抜けたら売りサインです。
単純ですが、広く使われている手法となります。
実際にクロスサインは使えるのでしょうか?
残念ながらクロス後にレンジになると、損切りの戦略によっては往復びんたの可能性がありますので、移動平均線のクロスの取引はあまりおすすめできません。
しかし他のテクニカルサインと併用しての利用は自動売買などでよく利用されているようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実践テクニック ---その2---

 

グランビルの法則 ---ブレイク、押し目、戻り、乖離あらゆる場面に適応---

 

FX 移動平均線の評価レビュー     FX 移動平均線の評価レビュー

 

@移動平均線が平行から上昇(左)もしくは下降(右)(左写真))の状態で抜けたらエントリー
A移動平均線が順方向に傾いている状態で線を割れていたレートが再び傾いている方向へ抜けたらエントリー
B移動平均線が順方向へ傾いている状態で線に近づいたレートが再び離れるタイミングでエントリー
C移動平均線からレートが乖離しすぎて再び線に近づくタイミングでエントリー

 

結論 移動平均線の評価

 

結局のところ教科書的に一通り概要を羅列いたしましたが単独で使えるのはグランビルの法則のAとBです。
それ以外は他のサインと併用しないと厳しいです。
では、ABを実線で使う具体例をお伝えいたします。

 

下記の写真はフォレックステスターというソフトを使用してグランビルのABはどの程度の実力なのかバックテストしてみました。

 

共通のパラメーター(期間)は20に設定して日足での検証結果です。
2013年の1年分を検証してみました。

 

グランビルAエントリールール
エントリーは移動平均線の傾きがある方向へ抜けた足の終値で行う。
線を抜けた足の跡から2本以内に再度ぬける足が出た場合は見送る。

 

グランビルBエントリールール
エントリーは移動平均の傾きがある方向へ近づいてきて再度順方向に反転した足の終値で行う。
上昇中は陰線が2本以上高値が切り下がってからの陽線が最低条件。
下降中は陽線が2本以上安値が切り上がってからの陰線が最低条件。

 

グランビルAB利食い、損切りルール

 

利食いはエントリー足の1.5倍と2.5倍の2分割決済
損切りはエントリー足の安値割れ

 

それではトレード結果を見ていきましょう。

 

この写真では移動平均線が上に傾いているのですべて買いのトレードです。
フォボナッチの線は下から緑の0ライン(これを下回ったら損切り)、緑の100ライン(エントリーライン)、黄色の150ライン(エントリー足の1.5倍の利食いポイント)、黄色の250ライン(エントリー足の2.5倍の利食いポイント)です。
安定したトレンドによってトレードしやすい期間です。

 

 

FX 移動平均線の評価レビュー

 

 

 

GとHの間にグランビルAのエントリーポイントがあるように見えますが、よく見ると移動平均線が一旦水平からやや下向きになっているところですのでエントリーは出来ません。

 

FX 移動平均線の評価レビュー

 

FX 移動平均線の評価レビュー

 

FX 移動平均線の評価レビュー

 

FX 移動平均線の評価レビュー

 

FX 移動平均線の評価レビュー

 

書籍やFXの情報商材を検証しているブログなども調べて参考にするとよいと思います。

FXの情報

投資を始めて間もない株取引の初心者にとってみれば、証券会社の支援はどういった仕組みであるのかを吟味していただくことは、大変重要なことなのです。問題が起きてもすぐに電話で対応可能な証券会社がとても心配いらないので安心です。

 

厳しいFXの勝負で負けないためには、ポイントとなる時点の取引相場の流れを誤らずにつかむことが大事なんです。トレンドを把握するのに頼りになる手段として、世界中で最も使われている分析手法としては、チャート分析があるのです。

 

 

裁量取引をやっていてどうも投資が成功せずに負け続きというたくさんの投資家が、トレーダー自身の直感であるとかこれまでの経験のみに頼って、儲け続けることの難しさに裁量の限界を感じて、売買条件を明確にしたシステムトレードでの取引に転換していらっしゃるようです。

 

たくさんのFXの商材ランキングで確認できるのですが、経験の少ない初心者である期間については、まずはサイトを参考にしたほうが失敗がないでしょう。それにしてもFXの情報商材はものすごい量が発売されていますね。

 

ネットで注目のFXは、他の投資よりも少額な元手でその何十倍もの金額のトレードができ、支払う手数料も大変低く、それに1日中朝から夜中までトレードが可能なのです。こんなわけで、初心者の方も不安がなく気軽にトレードに挑戦していただけます。

 

投資がうまくいっているときだけに限らず、取引をミスした場合も完全に素早くロスカットができる、焦らず冷静にジャッジして行動する力が求められるものだといえます。それらを実行するために実践されているのが、投資家に人気のシステムトレードという成績のいい投資方法です。

 

 

人気急上昇とはいってもFXは、株式などよりも若く未熟な不安定なマーケットであるため、例えばFX会社が突然経営破綻するなどして、口座に入金していたとっておきの投資資金を引き出せないなどという最悪の状況になることは、何があっても阻止しなければなりません。

 

何社ものFX会社に自分の口座を新規開設してから、それぞれに分けてトレードをしている投資家だっているのです。業者独自のトレードのツールの性能とか、送られてくるデータの量などについても、多くの中からバイナリーオプション業者を探す際のとても大切な要素なのです。
なかでもトレーダーからことさら取引急増の大人気取引通貨ペア、そして高スワップで動いている通貨ペアをポイントに、すぐに比較検討できるように考えて作られていますから、それぞれの投資にピッタリのFX会社を見つけていただくときにうまく使っていただければ作った側としても幸せです。

 

 

安全と言われている株式投資だって立派な投資のひとつです。ですから当たり前ですが投資に伴う危険性があるものなのです。厳しい投資の世界で勝ちたければ、いろいろな投資の危険性や弱点というものを間違いがないように、情報収集して把握しておくということが絶対に必要なのです。

 

現実にそれぞれのFX会社におけるスプレッドの数値を慎重に比較し、長期的な視点で見ていただくと、想定していなかった大きな数値が必要になるはずですから、業者選びの際は極力ポイントとなるスプレッドが低い会社をセレクトするのが賢明です。

 

 

投資の魅力たっぷりのFXは、元手に余裕がなくてもとても大きな金額の売買ができ、業者への取引手数料だって大変低い設定で、加えて驚くことに二十四時間朝から夜中までトレードが可能なのです。こんなふうなシステムなので、初心者であってもリラックスして投資に挑戦できます。

 

FXとはどのようなものなのかとかFXでの利益の大きさなどの惹きつける力、おまけに加えて初心者がFXでトレードを開始する場合におけるリスクなどのマイナス面について、いまさら聞けないFXの初歩的な知識などに関して、初心者の方向けに明確でわかりやすく詳しい説明をします。

 

人気のネット証券会社を厳選するときに、大切なポイントになるのが各証券会社の手数料をきちんと比較すること。取引する際の金額の差異及び取引するペースなど、さまざまな投資条件に応じて、実際に手数料のリーズナブルな設定の証券会社というのは変わってきます。

 

ローソク足っていうのは、今現在の相場環境がどんなポジションにあるかがすぐに理解することが可能なので、昔から大部分のトレーダーが最も使っているチャートで、ローソクチャートというのは、FXでは将来の値動きを過去の値動きなどで予想するテクニカル分析の初心者でも知っている常識というわけです。